岡山県高体連剣道部長挨拶   
部 長 田中広矛
 
 皆様、こんにちは。私は、阿部敏昭前部長の後任として、今年度新たに就任いたしました。微力ながら、歴代の部長が残された大きな功績を少しでも埋めるべく尽力いたしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
 さて、我が剣道専門部は、全日本剣道連盟の「剣道は剣の理法の修錬による人間形成の道である」という理念に基づいて、生徒とともに日々人間形成に励んでおります。その際、以下に示す三点を指導の心構えとして留意しています。 

@剣道は、竹刀による「心気力一致」を目指し、自己を創造していく道です。竹刀は相手に向ける剣であると同時に、自分に向けられた剣でもあります。この修錬を通じて竹刀と心身の一体化を図ることに留意しています。

A剣道は、勝負の場においても「礼節を尊ぶ」ことを重視します。お互いを敬う心と形の礼法指導によって、節度ある生活態度を身につけ、「交剣知愛」の輪を広げていくことに留意しています。

B剣道は「技」を通じて「道」を求め、社会の活力を高めながら豊かな生命観・倫理観を育んで文化としての剣道を実践していくことに留意しています。

 これからも、生徒が日々鍛錬した成果を皆様に発信してまいりますので、高体連剣道専門部の活動に対しまして暖かい御理解と御支援を賜りますようお願い申し上げます。 

もどる